高血圧症の症状その原因とは?

My Yahoo!に追加
高血圧症の症状その原因とは?

高血圧症の症状についてや、その原因について紹介しています。

  

高血圧症とは?


高血圧症とは、日本国内に未治療患者を含めると3000万人以上はいると言われている病気です。

血圧とは、そもそも血管の中にかかる圧力のことで、人間の心臓はポンプの役割をしており、収縮と拡張を繰り返して全身に血液を循環させています。

この際、動脈にかかる圧力が血圧です。

心臓の収縮時、つまり最も動脈に圧力がかかった状態を最高血圧といい、心臓が拡張する事により圧力が最低になった時の状態を最低血圧といいます。

高血圧症とは、動脈にかかる圧力が基準値よりも常に高い状態の事をいいます。
つまり正常な人に比べて、血管に常に高い圧力がかかっている状態といえます。

WHO(世界保健機関)基準では、140/90mmHg となっており、最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上が高血圧症と診断されます。

ただ、血圧は変動しますので、1回の測定だけでは判断できません。
数回測っても基準値より高い値がでれば、高血圧症と診断されます。


高血圧症の症状


高血圧症の症状として、頭痛、肩こり、動悸、めまい、吐き気、耳鳴りといった症状が挙げられますが、こういった症状は高血圧症特有の症状という訳ではありません。

高血圧による症状は、初期の段階では自覚症状に乏しく、検査しなければ分からない事がほとんどです。

そのため、血管は常に高い圧力にさらされる事となり、張り詰めた状態が続き、次第に弾力がなくなり、硬くなっていきます。

こうして動脈硬化が進行していきます。

これが、高血圧症がサイレントキラーとよばれる所以です。


高血圧症の症状(合併症)


高血圧症の症状が進行すると、様々な臓器障害や血管系障害などが起こりやすくなっており、症状となって現われる頃には、病状はかなり進行しております。

特に脳、心臓、腎臓に障害が出やすく、生命に関わる深刻な病気の原因にもなります。

■脳
脳出血 クモ膜下出血 脳梗塞など
吐き気、激しい頭痛、意識低下、運動機能の障害、などの症状

■心臓
心肥大 心不全 心疾患など
呼吸困難、胸部圧迫感、不整脈、むくみ などの症状

■腎臓
腎硬化症 腎不全 尿毒症など
全身がだるい むくみ 食欲不振 などの症状

この他にも大動脈解離などは生命に関わるような深刻な病気です。


高血圧症の原因


■本態性高血圧症
遺伝的な要因や食生活などの生活習慣などが関係しているとされていますが、原因ははっきりとは分かっていません。

90%以上が、この原因不明の本態性高血圧症に属するといわれています。

■二次性高血圧症
はっきりと原因が分かっている場合、二次性高血圧症に分類されます。

この中には、甲状腺機能亢進症、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫といった病気が原因で起こる内分泌性のものや、腎機能が原因で起こる腎実質性などがあります。

本態性高血圧症の主な生活習慣の原因とされているのが、塩分の摂り過ぎ、ストレス、睡眠不足、自立神経、喫煙、飲酒、運動不足、肥満などが原因とされています。

これらの原因により、血管が弾力をなくしたり、血液が粘り気を帯びるため高血圧の原因になると考えられています。

特にストレスを受けると自律神経の働きにより、心臓の動きが激しくなるため高血圧になる原因のひとつとして考えられています。

Copyright (C) 2009 高血圧症の症状その原因とは?All Rights Reserved.
相互リンクサイト様
血糖値測定器による血糖値の自己測定 血糖値が上がり怖いのは、糖尿病に伴う合併症です。
糖尿病の症状|糖尿病の自覚症状は危険のサイン 痛風を食事で治療|痛風の症状を食事で和らげる